助成金・補助金の申請

HOME   »  取扱業務   »  助成金・補助金の申請

助成金と補助金の違い

企業が受け取れる公的支援に「助成金」と「補助金」があります。
厚生労働省が管轄し主に労働者に関するもので、労働者の雇用・教育訓練・制度導入・両立支援等を促進するために支給されるものが、一般的に(雇用関係)助成金といわれています。
一方、経済産業省や都道府県等が管轄する経営・新商品・新サービス・研究等に関するもので、一般的に補助金といわれているものがあります。
簡単に表示すると、

助成金とは?

雇用保険から予算を設けて、受給資格が認められた企業に支払われるお金です。 厚生労働省が企業の雇用促進と労働者にとって働き易い環境を作ってもらう為に作られる予算です。 融資と違って返済不要のお金になり、経費として営業外利益に計上されます。助成金は国が認めた企業しか受給出来ません。 助成金が受給出来たことは国に認められた事になり、国が進める方針に沿った会社を作った事になり、資金を集める賢い経営手段と言えます。 上場企業でも積極的に助成金を受給している会社もたくさんあります。

主な助成金

お問い合わせ